作業服の仕入れ方法3つを紹介|それぞれのメリットやデメリットも解説 2021.12.31

作業服の主な仕入れ方法は?

日々の業務に耐えうる程度の質の製品を入手するには、自分の中できちんとした判断基準を持って仕入れ先を選ぶ必要があります。

 

ここでは、作業服の主な仕入れ方法について紹介します。

 

1:ネット注文

スマホやタブレットが普及した現代社会においてネットを駆使して物品を調達するのはごく普通の事ですが、これは作業服の注文でも同様です。

 

ネットでは商品の選択肢が広いため、調べ方によっては自分の欲しい作業服がすぐ見つかるでしょう。

 

2:販売代理店注文

既製品ではなく会社の宣伝のためにもオリジナリティのある作業服が欲しいという場合は、販売代理店注文で作業服を仕入れるのが良いでしょう。

 

会社独自の作業服を着て作業をしていると、きちんとした会社だという安心感を与える事もでき、宣伝の効果も見込めます。

 

3:実店舗

作業服が自分の体にフィットするのか、自分に似合うのかを確認したい場合は実店舗に行くのがポピュラーな方法です。

 

ネットで販売している商品が手元に届いたとき思っていた物と全然違うものが来た、という可能性もありますが、実店舗で製品を購入すればこのような事が起こることは低くなるでしょう。

 

作業服をネット注文で仕入れるメリット4つ

作業服をネット注文で仕入れるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは購入価格が安い、見積もりを出す必要がないなどをはじめ、4つに分けて紹介します。

  • 購入価格が安い
  • 見積もりを出す時間がかからない
  • 商品の選択肢が広い
  • 会社まで配送してもらえる

1:購入価格が安い

ネット上には様々な会社や商品の情報があるため、安さを売りにしている会社や商品を見つける事ができるでしょう。また、新品だけでなく中古品販売のサイトもあるためさらに購入価格を安く抑える事もできます。

2:見積もりを出す時間がかからない

作業服に限らずオーダーメイドの物を仕入れようとすると、見積もりを出さなければなりませんが、予算によってはこの見積もりの段階になって購入を諦める事もあり得ます。

 

ネットでの購入であれば見積もりのフォームを投げるだけで良いため、このような心配をするリスクが少なくなります。

 

3:商品の選択肢が広い

作業服をネット注文で仕入れるメリット3つ目は、商品の選択肢が非常に多い点です。モール系のサイトに行けば数々のメーカーや卸業者が商品を出品しているため、商品の選択肢は膨大なものとなっています。

4:会社まで配送してもらえる

ネット通販の場合、実店舗の購入とは違い顧客の手元に配送する事を前提としているため、余計な手間やコストを考える必要性がなくなります。

 

配送料自体もリーズナブルとなっていますので、会社の財政への負担も軽いでしょう。

 

作業服を販売代理店注文で仕入れるメリット3つ

次に、作業服を販売代理店注文で仕入れるメリットについてです。ここでは営業担当者とやり取りできる、オーダーメイドを依頼しやすいなどをはじめ、3つに分けて紹介します。

  • 営業担当者とやり取りできる
  • オーダーメイドを依頼しやすい
  • 大量に仕入れると安くなる

1:営業担当者とやり取りできる

営業担当者とやり取りできるため、継続的なサポートを受ける事ができます。納期通りに商品が納品されない時や、思っていたのと違う商品が届いた時に、的確なサポートを受ける事ができます。

 

また、長期間契約を継続する事で仕入れ先の会社と懇意になり、値引きなどのサービスを受けられる可能性もあるでしょう。

 

2:オーダーメイドを依頼しやすい

販売代理店注文であれば、オーダーメイドの注文依頼をしやすくなります。また、会社のロゴを入れたい、スタイリッシュでおしゃれな作業服を仕入れたいという時もオーダーメイドであればそのニーズを満たす事ができるでしょう。

3:大量に仕入れると安くなる

代理店注文の場合、購入実績に応じて値引きが適用され1着当たりの値段が安い場合があります。

 

また、作業服を1着ずつ配送してもらうよりも、大量の作業服をまとめて配送して貰った方が配送料は安く済みます。社員を多く雇用していればいるほど、1回の注文でまとめて注文を依頼すればコストを圧縮できるでしょう。

 

作業服を実店舗で仕入れるメリット4つ

最後に作業服を実店舗で仕入れるメリットについてです。ここでは送料なしで購入できる、実物を手に取れるなどをはじめ4つに分けて紹介します。作業服を実店舗で仕入れるメリットについて知りたい方は参考にしてください。

  • 送料なしで購入できる
  • 実物を手に取れる
  • 店員に作業服の質問ができる
  • 気に入ったらその場で購入できる

1:送料なしで購入できる

実店舗で作業服を仕入れる場合は、送料などのコストの心配がなくなります。

 

大量に購入するとなると持ち運ぶのはとても大変になりますが、作業服の購入は各個人に任せ後で領収書だけ提出してもらう、というルールにしてしまえばこのメリットを簡単に享受する事ができます。

 

2:実物を手に取れる

作業服などのアパレル関連の物は自分に似合うか、体形にピッタリ合うか確かめたい、と考える人は多くいるでしょう。

 

実店舗の場合、実際に商品を手に取って確認する事ができるため、購入した後に期待外れだった、商品に幻滅したなどの事態を防ぐ事が可能です。

 

3:店員に作業服の質問ができる

ファッションセンスや業務の知識が薄い場合は、店員に作業服の事を相談できます。

 

自分の知識やセンスだけで商品を買うと、業務に全く適応できない商品を購入してしまう恐れもあります。実店舗で店員に作業服の事を相談すればこのような事態も防ぐ事ができるでしょう。

 

4:気に入ったらその場で購入できる

ネットで購入する場合は購入をしてからある程度の時間を待たないと商品が手元に届きませんが、実店舗の場合は気に入った商品をその場で購入できます。

 

また、ネットで商品を購入した場合、交通機関や天災の影響で商品の配送が遅れる事があり得ますが、実店舗での購入の場合はこのようなリスクとは無縁でしょう。

 

作業服をネット注文で仕入れるデメリット3つ

それぞれの仕入れ方法のメリットが理解できたところで、次にネット注文で作業服を仕入れる際のデメリットについて紹介します。メリットとデメリットの両方を把握して、上手に購入しましょう。

  • 配送までの時間が長い
  • 送料分金額がかさむ
  • 実物を確認できない

1:配送までの時間が長い

ネットで購入した場合の配送時間は徐々に短くなってきていますが、それでも実店舗で購入する時と比べると、商品が手元に届くまでの時間は大幅にかかります。

 

また、天災や交通機関の乱れによって配送が遅れる事もあり得ますし、時期によってはドライバー不足によって通常よりも商品の配送に時間がかかる場合もあります。

 

 

急に必要になった、壊れてしまったので今すぐ欲しい、というような状況にはネットでの注文は対応しにくいです。

 

2:送料分金額がかさむ

少量であれば大した金額でなくても、大量に注文した場合は無視できない、高額な配送料となってしまう可能性も否定できません。

 

また、配送のためのドライバーも減少傾向にあるため、配送料はこれから上昇していく見込みがあり、送料と言う名のコストはこれから増大する可能性が高いでしょう。

 

3:実物を確認できない

ネットでの注文は実物が目の前にないため、着心地などを試す事ができず、期待と異なる物が手元に届く可能性があります。業務前日に想定していた物と全く違う物が届き、業務に使えないがために途方に暮れる、というリスクも存在します。

 

特にモール系のネット通販サイトの場合、悪質な企業が商品を出展している事が少なからずあるため、購入経験のない商品をネットで購入する場合は注意が必要です。

 

 

また、商品の写真を撮影するカメラマンの腕によっても商品への印象が大きく変わるため、実際は良質な商品なのに、悪い印象を持ってしまうというリスクも存在します。

 

作業服を販売代理店注文で仕入れるデメリット3つ

作業服を販売代理店注文で仕入れると、見積もりを出してもらえるなど、きめ細かいサービスを受けられる反面、デメリットも存在しています。

 

ここでは、販売代理店注文で仕入れるデメリットを3つに分けて紹介します。

 

  • 商品が届くまで時間がかかる
  • 見積もり作成の時間がかかる
  • 選択できる商品の幅が狭い

1:商品が届くまで時間がかかる

販売代理店注文の場合、注文依頼を担当営業に依頼してから作業服の作成などが開始されるため、必然的に商品が届くまで時間がかかります。

 

これがオーダーメイドなど、会社独自のロゴが入ったデザインの物や個々人にピッタリと合うサイズの作業服を発注した場合などは尚更です。

 

 

販売代理店注文で作業服を仕入れる場合は、事前に余裕を持ったスケジュールを立てて置く必要があります。

 

2:見積もり作成の時間がかかる

商品が届くまで時間がかかるのと同様に、きめ細かいサービスを実現するために、見積もりを作成する時間もかかります。

 

オーダーメイドの商品であれば、似たような商品はあっても同じ商品が過去に存在する事はほぼあり得ないため、正確な見積もりの額を算出するには時間がかかるでしょう。

 

3:選択できる商品の幅が狭い

販売代理店注文の場合、選択できる商品はマイナーチェンジこそ施せるものの基本的にはカタログにある商品のみになるため、選択できる商品の幅が狭いです。

 

もし、新しい業務を開始するために、新しいタイプの作業服が欲しい場合などは既存で契約している販売代理店では対処できない場合もあり得えます。その場合は新たな販売代理店を探して契約を結びなおす必要も出てくるでしょう。

 

作業服を実店舗で仕入れるデメリット3つ

最後に、作業服を実店舗で仕入れる場合のデメリットです。ここでは、実店舗に足を運ぶ必要がある、人数分の商品を用意しにくいなど3つに分けて紹介します。

 

作業服を実店舗で仕入れるデメリットについて知りたい方は参考にしてください。

 

  • 実際に足を運ばなければ仕入れできない
  • 人数分の商品を用意しにくい
  • 店舗ごとに品ぞろえが違う

1:実際に足を運ばなければ仕入れできない

目当ての店舗が近くにない場合は、遠方まで足を運ばなければなりません。

 

また、店舗によっては営業時間が短い場合もあり、業務が終わってからでは間に合わない可能性もあり得るため、業務時間中に暇を見つけて商品を調達するなどの柔軟な対応が必要となるパターンもあるでしょう。

 

 

仕事のスケジュールによっては来店自体が難しい、というパターンもあり得るため、折角良質な商品を見つけても調達できない可能性があります。

 

2:人数分の商品を用意しにくい

実店舗は商品を手に取れる事がメリットの1つですが、それと引き換えに在庫分の商品しか調達できません。つまり、どう頑張っても在庫分の商品しか確保できないという事になり、全く購入できないという場合も考えられます。

 

また、あまりにも調達するべき数が多いと、在庫の問題に加えて購入した商品を目的地まで運ぶのにも労力とお金をかける必要が出てきます。

 

3:店舗ごとに品ぞろえが違う

仮にチェーン店であっても、店舗が存在しているそれぞれのコンセプトや土地に合わせた商品をそろえているため、店舗ごとに品ぞろえが異なる場合が多いです。

 

また、店舗ごとに人気商品や売れ行きの調子が異なるため、在庫の数もそれぞれの店舗で異なります。よって、同じ系列の店舗であっても作業服を購入しようとする場所によっては、欲しい商品がない場合もあるでしょう。

 

作業服はオーダーメイドと既製品のどちらを買うべきか?

作業服はオーダーメイドと既製品のどちらを買うべきかは、作業服を使う用途やシチュエーションによって異なります。

 

業務の内容が定型的な場合は、どこの店舗でも販売しており、機能性についてもある程度の保証がされている既製品を買った方がコスト的にも良いでしょう。

 

 

逆に、特殊な業務や会社としてのブランド力をアップさせたい場合は、既製品よりも機能性がよいオーダーメイドの作業服を購入しましょう。

 

各仕入れ方法の特徴を知って上手く作業服を購入しよう

作業服は危険な作業や化学関係の専門的な業務を行う場合に必要となるため、適当に決めてはなりません。

 

既製品であっても素材等も考えて作られているため、必ずしもオーダーメイドで作る必要があるわけではなく、選択肢はたくさんあります。各仕入れ方法のメリットとデメリットを知っていれば、良質な作業服を安く入手する事ができるでしょう。

スクリーン リーダーのサポートが有効になっています。