作業着の下に着る服はどう選ぶ?女性用作業着の着こなし術も紹介 2022.01.20

女性用作業着の下に着る服の選び方は?

最近では作業着と一言で言っても、使用用途による違いもあり、バリエーションが豊かです。デザイン性に富んでいるものもあり、作業着でもおしゃれを楽しむこともできます。

 

また、作業着と同じように、作業着の下に着るものにも色々な種類があります。作業着の下に着るものには高機能なものが多く、季節に応じて適したものを選ぶとその効果を感じることができるでしょう。

 

 

また、作業着やその下に着る服は男女兼用のものも多くあります。女性が男女兼用のものを購入する際は、サイズ感に気を付けて選ぶと良いでしょう。

 

作業着の下に着る服を女性が着用する3つのメリット

女性が作業着の下にもう1枚服を着ることは、体に様々な良い効果をもたらしてくれるでしょう。また、作業着とのコーディネートを楽しめます。次は、作業着の下にもう1枚服を着用するメリット3つを詳しく紹介します。

  • 怪我の防止が期待できる
  • 体温の調整を助ける
  • 組み合わせを楽しめる

1:怪我の防止が期待できる

作業着を着用して行う仕事の中には、怪我と隣り合わせの仕事もあります。そのような仕事中に作業着が破けてしまった場合などには、中にもう1枚着用をしていることで怪我から体を守ってくれることもあります。

2:体温の調整を助ける

体温の調整を助けてくれるという点もメリットと言えます。最近の作業着の下に着るインナーの中には、高機能なものが多いです。冬場は体を保温し、夏場は体を涼しくしてくれるようなものもあります。

 

一日中外で作業をするような人は、季節に応じたインナーを選ぶことで快適に過ごせるようになるでしょう。

 

3:組み合わせを楽しめる

最近では、作業着の中に着るインナーと作業着の組み合わせでコーディネートを楽しむこともできます。インナーを見せて、カラーで遊んでみるのも良いでしょう。

 

また、ハイネックのインナーなどを着用し、作業着と組み合わせておしゃれ感を演出するのもおすすめです。しかし、着こなしを重視しすぎて作業効率を下げるような服装は避けるように注意しましょう。

 

女性用作業着の着こなし術

作業着と言うと、一般的に外の作業などを行う人が着用する服というイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、近年では機能性が高い作業着を日常のファッションに取り入れる人も増えています。

 

特に女性用の作業着はデザインがおしゃれなものも多く、プライベートでも十分楽しめるものが多いです。次は、女性用作業着の着こなし術についてご紹介します。高機能の作業着をおしゃれに着こなしてみたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

1:作業着として仕事中に着る

作業着は機能性が高く、外などでの作業を快適にすすめられるように作られています。そのため、工場や建築現場などで働く場合は、作業に適した作業着を着用すると良いでしょう。

 

また最近では、安くておしゃれな作業着を簡単に購入することができます。しかし、仕事場で着用する場合はデザイン性などを重視するのではなく、機能性や動きやすさを重視して作業着を選ぶようにしましょう。

 

2:私服として作業着を取り入れる

機能性が高い作業着を、私服に取り入れる方もいます。

 

この傾向の原因は、近年アウトドアやガーデニングなどを趣味にする人が増えていることがあげられます。また、作業着を通勤時に着用しても違和感がないように、凝ったデザインのものが作られるようになったのも理由のひとつでしょう。

 

 

作業着は、汚れにくいものや伸縮して動きやすいものなど、それぞれ優れた機能をもっています。使用用途に合わせて作業着を選び、私服に取り入れるのもおすすめです。

 

3:着こなしの際の注意

バリエーションも多くおしゃれを楽しむことができる作業着ですが、仕事で着用する場合は作業が快適にできるかを確認すると良いでしょう。特にアクセサリー類や長い髪は機械にまきこまれてしまう場合もあるので、作業中は控えるようにしましょう。

 

また、体型に合っていない作業着はおしゃれに見えることもありますが、動きにくく作業効率を下げる可能性があります。怪我の原因にもなるので、注意が必要です。

 

季節ごとに快適なインナー選びを

作業着の下に着るインナーは、季節によって使い分けることが重要です。季節やその日の気候に応じて選ぶことで、一日を快適に過ごせるかが決まると言えるでしょう。次は作業着の下に着る服である、インナーの選び方についてご紹介します。

夏におすすめの冷感インナーやコンプレッションウェア

気温が高い夏の日などは、接触冷感素材を使っているインナーがおすすめです。また、着圧インナーと呼ばれるコンプレッションウェアも良いでしょう。コンプレッションウェアとは、伸縮性がある生地を使っていて体をサポートしてくれるインナーのことを指します。

 

コンプレッションウェアを着用すると、体に圧がかかります。そして着用することで、運動機能の向上や筋肉への負担の軽減などの効果を感じることができると言われています。また、夏用のコンプレッションウェアには、吸汗速乾機能など暑さ対策が施されているものもあります。

 

冬におすすめの保湿インナーや高機能インナー

冬場に外で作業する場合は、体から熱を逃がさない機能を持つインナーを着用すると良いでしょう。

 

保温インナーと呼ばれるものは、高機能の素材を使用し、体から発する熱を閉じ込めてくれます。また、体に冬場の寒い風を通しにくくしてくれる防風の機能を持ったインナーもあります。

 

 

冬場は寒さ対策のためにアウターなどを着こむことで動きにくくなり、作業効率が下がる可能性があるでしょう。しかし、寒さ対策のインナーの中には薄手でストレッチ性に富んでいるものもあります。

 

 

それらを着用すれば寒さ対策をしながらも、今までと同じように作業を行うことができるでしょう。

 

コンプレッションパンツの着用もおすすめ

夏場も冬場も、コンプレッションパンツをインナーとして着用すると良いでしょう。コンプレッションパンツを着用することで、作業時の怪我の防止など、足全体を守る効果が期待できます。

 

また、コンプレッションパンツには、夏用の薄手で接触冷感なものから冬用の厚手で保温してくれるようなものもあります。特に、冬場はコンプレッションパンツを着用すると、腰から下が温まり、全身の血行を良くしてくれるでしょう。

 

着こなしに合わせて作業着の下に着る服を選ぼう

作業着の下に着る服は高機能なものが多いので、季節や使用用途に応じて選ぶと、その効果を十分に感じることができるでしょう。また、作業着と合わせておしゃれを楽しむのもおすすめです。

 

作業着を仕事で着用する方も私服で着用する方も、この記事を参考に、自分に合う作業着と、作業着の下に着る服を選んでみてはいかがでしょうか。