ファン付きウェアに保冷剤を導入することで得られる効果とは?組み合わせる方法も紹介 2021.11.30

ファン付きウェアの仕組みとは?

ファン付きウェアは小型のファンで服の内部に風を送り、暑い環境でも快適さをキープするウェアです。

 

ファン付きウェアの仕組みは、服についたファンが外気を中に送り込み、体と服の間に風の流れをつくるというものです。空気が流れるときに汗を気化させて、気化熱を奪うことにより体の表面を冷やします。

 

 

それにより外気温が暑くても服の中では暑さを感じにくく、快適に動くことができるのです。炎天下の屋外で活動するときや、室内でも冷房がなく暑い環境で作業をするときにファン付きウェアが活躍します。

 

ファン付きウェアに保冷剤を導入することで得られる効果

ファン付きウェアの役割は外気を服の中に送り込むことであり、エアコンのように温度を調節する機能はないのが一般的です。

 

そのため、猛暑などで気温が非常に高い環境では、熱い空気がそのままウェアの内部に入ってくることがあります。たとえファンから送られてきた空気が循環しても、あまりに温度が高いと快適とは言えないでしょう。

 

 

そこで、ファン付きウェアを使用するときには保冷剤を導入することをおすすめします。保冷剤には冷却効果があり、暑い場所で着用するファン付きウェアとの相性が良いからです。

 

ファン付きウェアと保冷剤を組み合わせる方法

ここでは、ファン付きウェアと保冷剤を併用するときのポイントについて解説します。ファン付きウェアと保冷剤を適切に組み合わせれば、外気温が暑くてもウェア内部を涼しく保つことができるでしょう。

  • 保冷剤用のポケットがついたファン付きウェアを選ぶ
  • 保冷剤をポケットへ入れる

保冷剤用のポケットがついたファン付きウェアを選ぶ

ファン付きウェアには、保冷剤を入れられるポケットがついたデザインのものが多くあります。保冷剤は非常に冷たいため、そのまま肌に接触すると冷えすぎる可能性があるでしょう。

 

専用の保冷剤ポケット付きのウェアであれば、体に保冷剤が直接触れることなく冷たい空気を循環させることができます。

 

保冷剤をポケットへ入れる

ファン付きウェアを着る前に、冷凍庫で冷やしておいた保冷剤をウェアのポケットに入れましょう。保冷剤用のポケットが複数ある場合は、保冷剤を1個だけではなく何個か同時に使うとより涼しくなります。

 

保冷剤を入れる位置によっては、あまり冷感を感じない場合があります。保冷剤を入れる場所を選べる場合、冷たさを感じやすい位置のポケットに保冷剤をセットするのがおすすめです。

 

ファン付きウェアに保冷剤を使うときのポイント

ファン付きウェアに保冷剤をセットして使うときは、ウェアのサイズ選びや組み合わせを工夫すると、さらに快適に過ごすことができます。

 

ここからはファン付きウェアの機能を活かすコツについて紹介しますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

  • ファン付きウェアの正しい着方を確認しておく
  • 保冷剤を余分に用意しておく

ファン付きウェアの正しい着方を確認しておく

ファン付きウェアには、快適に着用するためのポイントがあります。それはウェアを購入するときのサイズ選びと、インナーの活用です。ファン付きウェアの仕組みを理解して正しく使用すれば、涼しさをより実感できるでしょう。

少し大きめのものを選ぶ

ファン付きウェアのサイズを選ぶときは、少し大きめのものを選択するのがおすすめです。なぜなら、ファン付きウェアは内部の空気を循環させることで、涼しさを感じる仕組みになっているからです。

 

ファン付きウェアが体にぴったりのサイズだと空気の流れる空間が少ないため、本来の機能を発揮できない可能性があります。ファン付きウェアの特性を活かすには、空気が循環できるスペースを確保することが重要です。

 

 

サイズを決めるときはいつもよりワンサイズ大きめのものにして、ファン付きウェアと体の間にゆとりができるようにすると良いでしょう。

 

コンプレッションウェアを着用する

ファン付きウェアの下に着るインナー選びも大切です。ファン付きウェアに組み合わせるインナーは、吸汗性と速乾性を兼ね備えたコンプレッションウェアが適しています。

 

コンプレッションウェアは汗を吸収して素早く乾かす性能を持っているため、ファン付きウェアを着用しているときに内部の程良い冷感を保ってくれます。

 

 

ファン付きウェアのインナーとしてコンプレッションウェアを着ることで中に湿気がこもりにくくなり、汗による蒸れを防ぐことができるでしょう。

 

保冷剤を余分に用意しておく

保冷剤には長持ちするタイプもありますが、時間が経つと温度が上がり常温に戻ってしまいます。生温くなった保冷剤では、ウェアの内部を十分に冷やすことができないでしょう。保冷剤は再び凍らせる時間を要するため、予備を余分に用意しておきましょう。

保冷剤の種類

保冷剤の種類は、大きく分けてソフトタイプとハードタイプの2種類があります。ソフトタイプは柔らかいビニール製などの袋に入っているもので、ハードタイプはプラスチック製の硬い容器に入っています。

 

ソフトタイプはハードタイプよりも軽く持ち運びに適していますが、ハードタイプよりも保冷効果は劣ります。

 

ファン付きウェアを選ぶときに知っておくべきこと3つ

ファン付きウェアの購入時にはかかる費用や使いやすさや、使い始めてからのメンテナンスなどについてチェックする必要があります。ファン付きウェアを選ぶときに知っておいた方が良い、3つのポイントを見てみましょう。

  • 揃える際の費用
  • バッテリーの重さ
  • ファン付きウェアとファンのメンテナンス方法

1:揃える際の費用

ファン付きウェアはウェア本体に専用バッテリーやファンが付属されていて、一式購入するとなるとそれなりに費用がかかります。メーカーや販売店舗によって価格が異なる他、ウェアの素材や性能などによっても価格帯は違ってくるでしょう。

 

ファン付きウェアを選ぶときは、自分の用途に合った性能のものを購入しましょう。

 

着用頻度によっては替えのジャケットもあるとよい

ファン付きウェアを頻繁に使う場合は、洗い替えのジャケットを用意するのもおすすめです。その理由は、着用しているうちに汗やホコリなどで汚れてくるためです。予備のウェアを購入しておけばこまめに洗うことができ、ウェア本体を長持ちさせることができるでしょう。

2:バッテリーの重さ

ファン付きウェアを選ぶ際は、バッテリーの重さも確認しましょう。バッテリーが大きいと、ウェアを着用したときにずっしりと重たく感じることがあります。

 

メーカーやバッテリーの容量によって重さは変わってくるため、重量の表記をチェックすると良いでしょう。

 

バッテリーをつける位置も意識する

ファンに接続するバッテリーの位置にも配慮しましょう。バッテリーはファン付きウェアに収納用のポケットがついていたり、ベルトに引っ掛けたりできるタイプのものがあります。

 

バッテリーは重量があり、つける位置によっては重たく感じる可能性があるでしょう。また、体を動かしたときにバッテリーが引掛かかると、作業に支障が出てしまいます。ファン付きウェアのバッテリーは、作業の妨げにならないような位置に取りつけることが必要です。

 

 

メーカーによりバッテリーをつけられる位置は異なるため、装着しやすいポジションにセットできる仕様かどうか確認しましょう。

 

3:ファン付きウェアとファンのメンテナンス方法

ファン付きウェアは、使っているうちに風を送るファンの部分にホコリや砂などが溜まってきます。そのまま使用し続けるとファンの動きが悪くなり、風量が落ちたり故障したりする可能性もあるでしょう。

 

ファンの周辺に汚れが溜まってきたら、ファン付きウェアからファンを取り外して清掃しましょう。水洗いできるタイプのファンは、ウェアから外したら水で汚れを落とします。水洗いできないタイプのファンは、中性洗剤を含ませた布などで汚れを拭きとりましょう。

 

 

細かい所に詰まったゴミは、綿棒を使って掃除すると取れやすくなります。清掃後は、よく乾かしてからウェアにファンを取りつければ完了です。

 

ファン専用のフィルターを使う

ファン付きウェアのファンはそのまま使用するとゴミを吸い込みやすく、虫などの異物もウェア内部に入り込んでしまうのが難点です。

 

そのため、ファンに専用のフィルターをセットして使うことをおすすめします。フィルターでファンを保護すればホコリが入りにくくなり、ファンのお手入れ頻度を減らすことができるでしょう。

 

 

また、フィルターを通すことでファン付きウェアの中に異物が入るのを防ぎ、ウェア本体が汚れてしまう心配も少なくなります。ゴミや異物の吸い込みはファン付きウェアやファンの劣化につながるため、ファンに専用のフィルターを取りつけて清潔に使用することが大切です。

 

ファン付きウェアと保冷剤で厳しい暑さを乗り切ろう

ファン付きウェアは体で感じる暑さを和らげてくれる便利なアイテムです。ファン付きウェアと保冷剤を併用すれば、体感温度をさらに涼しくすることができるでしょう。

 

暑い時期の屋外活動や、冷房のない環境での作業は、保冷剤をセットしたファン付きウェアで乗り切りましょう。