洗濯前に行う機械油汚れの落とし方|専用の洗濯洗剤の使い方もあわせて紹介 2021.08.26

機械油の汚れは洗濯前に落とすべき?

機械油が付いてしまった作業着は、付いてからすぐに対処できれば比較的落としやすいですが、時間が経ってしまうと落としづらい頑固な汚れとなります。

 

作業着に付いた機械油は、時間が経つと固まって繊維にしっかりと絡まり付いてしまいます。油は水には溶けないため、洗濯する前にひと手間かけて落としておくことが重要です。

 

洗濯しても落ちにくい機械油とは

機械油は、主に機械を使用する作業の際に気づかない間に付着してしまう、頑固な汚れです。この機械油は酸性なため、アルカリ性のものによく溶けます。そのため、石鹸や洗剤を使用することで、落としやすくなるでしょう。

 

また、油が溶け出す温度はおよそ40度以上のため、お湯を使用することでより落としやすくなるでしょう。

 

 

何度洗ってもきれいにならないと悩んでいる方はぜひ、実践してみるといいでしょう。

 

洗濯前に行う機械油汚れの落とし方3つ

実際に機械油汚れを落とすためには、油の性質を利用します。3つの方法がありますので、それを駆使して頑固な機械油汚れを落としていきましょう。

 

また、今回紹介する方法に必要なものは比較的簡単に揃えられるため、この機会に実践してみましょう。

 

1:洗濯洗剤を混ぜたお湯に浸け置きする方法

前述で解説した通り、機械油はアルカリ性に溶けやすく、およそ40度以上のお湯にも溶けやすいといわれています。つまり、洗濯洗剤を混ぜたお湯に浸け置きすることによって、機械油の汚れが落としやすくなるでしょう。

 

用意するもの

 

 

・洗濯洗剤
・40度以上のお湯
・洗面器など
・使い古しの歯ブラシ

 

 

洗い方

 

 

1.洗面器などにおよそ40度以上のお湯を入れる。
2.洗濯洗剤をお湯に溶かす。
3.機械油の汚れが付いた作業着を1時間〜2時間浸け置きする。
4.油汚れが浮いてきたら、ブラシを使って汚れた部分をこする。
5.その後、洗濯機で通常通り洗濯する。

 

2:クレンジングオイルと台所洗剤を使う方法

化粧落としの相棒ともいえるクレンジングオイルですが、機械油の汚れを浮かび上がらせることもできます。

 

クレンジングオイルで油汚れを浮かび上がらせた後、台所洗剤を使うことで汚れを洗い落とせます。台所洗剤に含まれている界面活性剤は、食器に付いた油汚れをすっきりと洗い上げてくれますが、作業着に付いた機械油汚れにも効果があります。

 

 

なお、もみ込み洗いをする際には、手が荒れないようにゴム手袋をつけて作業するようにしましょう。

 

 

必要なもの

 

 

・クレンジングオイル
・台所洗剤
・およそ60度以上のお湯
・洗面器
・不要なタオル2~3枚
・使い古しの歯ブラシ
・ゴム手袋

 

 

洗い方

 

 

1.乾いた作業着の機械油汚れ部分に、クレンジングオイルをつける。
2.下にタオルを敷いて歯ブラシで、汚れ部分を軽く叩き汚れを浮かび上がらせる。
3.歯ブラシに少し水をつけ、オイルを乳化させる。
4.洗面器などにおよそ60度以上のお湯を入れ、作業着をつけてよくすすぐ。
5.台所洗剤を汚れ部分に塗り、歯ブラシで叩く。
6.作業着をおよそ60度以上のお湯につけ、もみ洗いをし、すすぐ。
7.その後、洗濯機で通常通り洗濯する。

 

3:ベンジンを使う方法

昔から、しみ抜きといえばベンジンだったといわれています。ベンジンは石油から作られたもので、無色透明ですが、特有の臭いがあります。石油からできているため、引火しやすい性質がありますので注意が必要です。

 

ベンジンは、繊維を傷めないためデリケートな衣類にも使え、しみだけを溶かして落とせます。ムラになる可能性があるため、汚れている部分よりも若干広めに叩くようにするのがコツです。

 

 

必要なもの

 

 

・ベンジン
・タオル
・使い古しの歯ブラシ
・食器用洗剤

 

 

洗い方

 

 

1.目立たない場所にベンジンを垂らし、色落ちしないか確認する。
2.機械油汚れのある場所にタオルを置き、裏返す。
3.ベンジンをつけた歯ブラシで、汚れをタオルに移すように叩く。
4.叩き終わったら、水洗いせずそのまま乾かす。

 

機械油用の洗濯洗剤で洗濯する方法や使い方

機械油の汚れには、機械油用の洗濯洗剤で洗濯する方法もあります。機械油用の洗濯洗剤は、機械油の汚れに強い洗浄力と、汚れの再付着防止剤などが入っているため、通常の洗濯で使用することにより、汚れをすっきり落とせます。

 

このように、油汚れの程度に応じて専用洗剤を利用することで、落ちにくい機械油の汚れもすっきりと落とせるでしょう。

 

【汚れ別】洗濯機に入れる前の落とし方5つ

さて、ここまで機械油の汚れにスポットを当てて、その落とし方についてご紹介しました。ここからは、油汚れとそれ以外の頑固な汚れを落とすために、洗濯機に入れる前のひと手間についてご紹介します。

 

このひと手間を加えることで、汚れ落ちが格段に違ってきますので、参考にしてみてください。

 

1:皮脂油汚れの落とし方

皮脂油汚れの落とし方について解説します。この方法はお湯や漂白剤を使うため、手が荒れないようにゴム手袋をして作業すると良いでしょう。

 

必要なもの

 

 

・固形石鹸
・塩素系の漂白剤
・セスキ炭酸ソーダ
・洗面器など
・ぬるま湯
・ゴム手袋

 

 

洗い方

 

 

<軽い汗や皮脂の汚れの場合>

 

 

1.まず洗面器などにぬるま湯を張り、作業着が汚れている部分を濡らす。
2.洗濯用の固形石鹸を塗り、使い古しの歯ブラシなどで軽くこする。
3.通常通り洗濯機で洗う。

 

 

<しつこい汗・皮脂汚れの場合>

 

 

1.洗面器などにお湯を入れ、塩素系の漂白剤を溶かして浸け置き液を作る
2.作業着を1~2時間程度浸け置く。
3.通常通り洗濯機で洗う。

 

 

そのほか、なるべく環境にも体にも優しいもので洗いたいという方には、セスキ炭酸ソーダを使用した洗濯方法も良いでしょう。

 

 

<セスキ炭酸ソーダを使用する場合>

 

 

1.10リットルの水に対し、大さじ1のセスキ炭酸ソーダを溶かした浸け置き液を洗面器などに作る。
2.作業着を約1時間浸け置く。
3.通常通り洗濯機で洗濯する。

 

 

出典:洗濯してもなかなか落ちない皮脂汚れ。簡単に落とす方法とは? | 東京ガス ウチコト
参照:https://tg-uchi.jp/topics/2463

 

2:食べ物の油汚れの落とし方

食べ物の油汚れは、機械油の汚れと同様の方法で落とすことが可能です。この方法もお湯や漂白剤を使うため、手が荒れないようにゴム手袋をして作業すると良いでしょう。

 

必要なもの

 

 

・洗濯洗剤
・台所洗剤
・固形石鹸
・酸素系漂白剤
・40~60度くらいのお湯
・洗面器など
・使い古しの歯ブラシ
・ゴム手袋

 

 

洗い方

 

 

<汚れが軽い場合>

 

 

1.洗面器などにお湯を入れ、作業着を浸ける。
2.台所洗剤を塗り込み、使い古しの歯ブラシなどでこする。
3.通常通り洗濯機で洗う。

<汚れがしつこい場合>

 

 

1.洗面器などにお湯を入れ、洗濯洗剤と酸素系漂白剤を溶かした浸け置き液に、2時間ほど浸けておく。
2.固形石鹸を塗り込む。
3.汚れている箇所をブラシで軽くこする。
4.通常通り洗濯する。

 

3:泥汚れの落とし方

泥汚れの場合、まず泥を乾かすところからはじめます。これは、細かい砂が服の繊維に入り込み、汚れが落としづらくなるためです。この泥を落とした後、使い古しの歯ブラシなどでかき出しておくとなお良いでしょう。

 

必要なもの

 

 

・液体の洗濯洗剤
・台所洗剤
・固形石鹸
・重曹
・洗面器など
・使い古しの歯ブラシ

 

 

洗い方

 

 

<軽い泥汚れの場合>

 

 

1.固形石鹸を汚れ部分の両面に塗り付ける。
2.水をためた洗面器などに入れてよくもみ洗いをする。
3.台所洗剤を汚れ部分に垂らし、もみ洗い後よくすすぐ。
4.通常通り洗濯する。

 

 

<頑固な泥汚れの場合>

 

 

1.洗面器などにおよそ40度のお湯を用意し、約1回分の液体の洗濯洗剤と同分量の重曹を溶かす。
2.1時間ほど浸け置きする。
3.通常通り洗濯する。

 

4:草汚れの落とし方

草汚れの落とし方について説明します。アルカリの力を使って落としていくのですが、アルカリは繊維を傷めやすいため、最後にクエン酸をかけて中和するのがポイントです。1で落ちない場合には、2のステップに移って作業を進めるようにしましょう。

 

注意点ですが、絹やウールなどアルカリ性の洗剤に弱いものに使用するのは避けましょう。また、ポリエステルなどの化学繊維は浸け置きには向いていないため、こちらも避けるようにしましょう。

 

 

必要なもの

 

 

・台所洗剤
・液体タイプ酸素系漂白剤
・セスキ炭酸ソーダ
・クエン酸
・使い古しの歯ブラシ

 

 

洗い方

 

 

1.しみ部分に台所洗剤をつけた歯ブラシで叩く。
2セスキ炭酸ソーダをふりかけ、更に液体の酸素系漂白剤を大さじ1杯分ほどかける。
3.コップに熱湯を入れ、しみ部分にゆっくりかけた後、5分~10分ほど放置する。
4.クエン酸水をかける。
5.通常通り洗濯する。

 

5:サビ汚れの落とし方

サビ汚れは、なかなか落としにくい汚れの1つですが、3つの方法があります。それぞれ説明していきましょう。

 

<レモン汁を使用する場合>

 

 

必要なもの

 

 

・レモン汁

 

 

洗い方

 

 

1.レモン果汁を汚れた箇所に塗る。
2.果汁が乾く前に、水ですすぐ。
3.通常通り洗濯する。

 

 

<重曹を使用する場合>

 

 

必要なもの

 

 

・重曹 大さじ2
・水 大さじ1
・小皿 1つ
・かき混ぜるもの(スプーンなど) 
・使い古しの歯ブラシ

 

 

洗い方

 

 

1.小皿に重曹大さじ2と水大さじ1を入れ、スプーンなどでかき混ぜペースト状にする。
2.重曹ペーストを汚れ部分に塗り、3時間程度放置する。
3.水で重曹ペーストと汚れをよくすすぎ洗いする。
4.通常通り洗濯する。

 

 

<酸素系漂白剤を使用する場合>

 

 

必要なもの

 

 

・酸素系漂白剤(粉状のもの)
・洗面器など

 

 

洗い方

 

 

1.洗面器などにおよそ40度のお湯を入れ、酸素系漂白剤を入れる。溶かす量は、漂白剤のラベルに記載に従うこと。
2.衣類をそこに浸け置きする。
3.汚れが薄くなってきたら、水洗いする。
4.通常通り洗濯する。

 

 

出典:家庭でできる!作業着のサビ汚れを落とす方法を紹介 | ユニフォームに関する情報をお届けします。ユニフォームタウン
参照:https://www.l-m.co.jp/blog/?p=8156

 

機械油の汚れを落とす際に気をつけたいこと4つ

頑固な汚れの代表格といって良い機械油汚れですが、落とす際に気をつけたいことが4つあります。

 

順番に紹介していきますので、しっかりと押さえてスムーズに油汚れを落としましょう。

 

1:手荒れ対策に手袋を使用する

機械油の汚れを落とす際には、手荒れ対策にゴム手袋を使用して作業しましょう。これは、油の特性から汚れを落とす際、お湯を使ったり洗浄力の強い洗剤を使ったりするためです。

 

多少作業しづらいかもしれませんが、ゴム手袋をつけて作業するようにして、肌を守りましょう。

 

2:何もせずそのまま洗濯機で洗わないこと

下洗いせず、そのまま洗濯機に入れてしまうと、機械油の汚れが他の衣類や洗濯槽に移ってしまう可能性があります。

 

汚れがどの程度であっても、下洗いをした後に洗濯機で洗濯するようにしましょう。

 

3:洗いすぎに注意する

機械油の汚れを落としたいという気持ちが先走り、洗いすぎてしまっては作業着の生地を傷めてしまいます。

 

作業着を長持ちさせるためにも、強くこするなど激しく洗ってしまうことのないようにしましょう。

 

4:取り扱い表示を確認する

作業着といっても、生地の種類によって洗い方が異なる場合もあります。漂白剤も塩素系・酸素系の種類によっては使用できないものもあります。

 

洗う際には、取り扱い表示を確認し、その表示に従って洗うようにしましょう。

 

作業着に付いてしまう機械油汚れへの対策4つ

ここまで、作業着に付く機械油の汚れやその他の汚れの落とし方について解説しました。汚れが付くこと前提の作業着ですので、汚れが付く前に対策を施しておくことで、汚れを楽に落とせるでしょう。

 

ここからは、汚れを付きづらくする方法と、付いても落としやすくする方法についてご紹介します。

 

1:防水・撥水スプレーを使用する

汚れを付きにくく、落としやすくする方法として、作業着に防水・撥水スプレーをかける方法があります。

 

洗濯した後の作業着にあらかじめかけておくことで、汚れが繊維に入り込むのを防ぎ、汚れが付いた場合にも落としやすくなるでしょう。

 

2:ソイルリリース加工生地の作業着を選ぶ

ソイルリリースとは、水を弾くことなく繊維に水が浸透しやすい加工をしています。この加工によって作業着が汚れた場合も、繊維と汚れの間を水が通り、汚れが剥がれやすくなるため、洗濯自体を楽にできるでしょう。

3:撥水・撥油加工された作業着を選ぶ

撥水、撥油加工とは、生地にシリコンやフッ素などで、コーティングしたものです。この生地で作られた作業着は、水を弾き、汚れもつきにくくなります。

 

このような作業着を選ぶことで、洗濯の手間が軽くなるでしょう。

 

4:ベビーパウダーを使用する

作業着を洗濯した後、汚れやすい箇所にベビーパウダーを付けておくことで、汚れを落としやすくできます。

 

ベビーパウダーは、粒子が細かいため作業着の繊維に入り込み、汚れが入り込むのを防ぎます。汚れが繊維の奥に入り込まないため、汚れを簡単に落とせるでしょう。

 

機械油を含めた作業着の汚れを自宅で洗う場合の鉄則

機械油を含めた作業着の汚れを自宅で洗う場合、2つの鉄則があります。この2つの鉄則をしっかりと守れば、より簡単に汚れを落とせるでしょう。

 

次にご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

浸け置きをすること

作業着の汚れを自宅で洗う際の鉄則その1は、「浸け置きをすること」です。作業着の汚れた部分を浸け置きすることで、繊維の奥に入り込んだ汚れを浮かせ、落としやすくします。

すぐに洗うようにする

汚れが付いた時にすぐ洗うことができれば、汚れが格段に落としやすいことはいうまでもありません。

 

作業着は汚れが付いてから着替えをするまでに、多少時間が経ってしまうことはよくありますが、そのまま何日も放置せずに洗うことで、汚れ落ちに手間がかからずに済むでしょう。

 

 

汚れが付いた作業着は、汚れが繊維に染み込んで時間が経つ前に、すぐに洗うようにしましょう。

 

機械油汚れをクリーニングに依頼するときに知っておきたいこと4つ

ここまで、自宅で機械油汚れを落とす方法についてご紹介しました。この方法を使っても落ちない頑固な汚れもあることでしょう。

 

そんな時には、クリーニングに依頼するというのも1つの方法です。ここからは、クリーニングを依頼する際、知っておきたいことについてご紹介します。

 

1:クリーニング方法の種類

クリーニング方法には、4つの種類があります。それは、しみ抜き、ウェットクリーニング、ドライクリーニング、ランドリークリーニングの4つです。

 

この4つのクリーニングの仕組みについて解説します。

 

しみ抜きの仕組み

しみ抜きとは、繊維に入り込んだ汚れをしみの原因に合わせて落とす方法です。ちょっとしたしみであれば、通常のクリーニング料金での対応となります。

 

しみの種類や大きさによっては別料金になるうえに、店舗によって異なるため、事前に確認する必要があります。

 

ウェットクリーニングの仕組み

ウェットクリーニングは、本来ドライクリーニングするものを水洗いする仕組みです。

 

この方法であれば、ドライクリーニングだけでは落としきれない、汚れを落とすことができます。汗の汚れや臭いも落とせますが高度な技術を使うため、オプション料金になるのが一般的です。

 

ドライクリーニングの仕組み

ドライクリーニングは、水で洗わず石油や塩素系の有機溶剤で汚れを落とす方法です。油汚れを落とす場合に向いています。

 

汗や食べこぼしなどの水溶性の汚れは、わずかな水を使って前処理します。そのため、水に弱い作業着や色落ちや型崩れさせたくない防寒着・毛製品などにおすすめの方法です。

 

ランドリークリーニングの仕組み

水洗いができる衣類を、温水を使用して洗うのがランドリークリーニングです。作業服をはじめ、ワイシャツなど耐水性の高い衣類に使われる方法です。

 

水の温度や洗剤の種類、洗濯機の大きさなどが家庭用とは異なるため、漂白と洗浄性能に期待ができるでしょう。

 

2:店舗型・宅配型の特徴と選び方

店舗型クリーニング店の特徴は、直接作業着を持って行き、クリーニングを依頼するという点です。直接出向くことで、スタッフに汚れの場所などを細かく伝えられ、急ぎの場合には仕上がりを早めてくれるというメリットがあります。

 

宅配型クリーニング店の特徴は、自宅まで取りに来てくれるため、店舗まで足を運ぶ必要がない点です。

 

 

ただし、店舗型に比べると仕上がりが遅くなることもあるため、仕上がりを早めたい場合には、追加料金が必要な場合があります。

 

 

どちらの方法も、一長一短がありますので、状況に合わせて選ぶようにしましょう。

 

3:クリーニングにかかる料金の相場

クリーニングにかかる料金の相場は、一般的な作業着の場合、上着はおよそ600円~900円、ズボンはおよそ600円~700円、つなぎはおよそ1,000円前後です。

 

全国チェーンのクリーニング店でも、全国一律で同じ料金の会社と地域によって料金が変わる会社があります。これは地域に合わせて、クリーニングの価格相場を設定しているためです。

 

 

全国チェーン店の場合には、店舗数により料金が変わるので、最寄りのクリーニング店に確認すると良いでしょう。

 

4:クリーニングに出す適切なサイクル

自宅でも洗濯できる作業着をクリーニングに出すというのは、料金が発生するため躊躇してしまう方もいるでしょう。しかし、汚れの状況によって適切にクリーニングに出すことで、作業着を長くきれいに使用できます。

 

クリーニングに出す目安としては、自宅で洗濯しても、しみ・汚れが落ちない場合や臭いが落ちない場合です。また、汚れてから時間が経ったものに関しても、プロの手を借りて汚れを落としてもらうと良いでしょう。

 

機械油は洗濯前にひと手間加えよう

ここまで、機械油の落とし方や汚れ別の落とし方など、手順と必要なものも合わせて紹介してきました。機械油は洗濯機に入れる前にひと手間加えることによって、汚れ落ちに差が出ます。

 

このひと手間かけて、汚れのないすっきりとした作業着に仕上げる際の参考にしてみてください。

 

 

また、どうしても落ちない場合やきれいに落としたい場合は、クリーニングの利用も考えてみましょう。