作業着は上下同じ色の組み合わせでなくても大丈夫!メリットや色違いコーデのコツ 2021.07.08

作業着は上下で違う色を組み合わせても大丈夫?

近年、作業着の着こなしのトレンドは、上下で色違いのものを組み合わせて着るというコーディネートです。作業着のイメージと言えば、上下同じ色で揃えて、統一感やかっちりした印象を思い浮かべる方も多いでしょう。

 

今でも多くの商品が上下セットで販売されていますが、最近ではデザインが豊富になり、作業着の選択肢も増えてきています。そのため、着こなしの幅が広がり、様々なコーディネートが楽しめるようになりました。

 

 

上下で違う色を組み合わせた着こなしは、流行度の高い作業着スタイルと言えるでしょう。

 

上下で違う色の作業着を組み合わせる3つのメリット

ここからは、上下で違う色の作業着を組み合わせる3つのメリットを紹介していきます。作業服を上下色違いにすることで、いつものスタイルにトレンドをプラスすることが可能です。

 

いつもの作業服コーディネートをワンランク格上げしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1:個性を出せて自分への認知度が高まる

上下で違う色の作業着を組み合わせることで、個性を表現することが可能です。自分なりの着こなしで個性を外見に反映させられるのは、ファッションの醍醐味と言えるでしょう。

 

また、個性を表現するということは、自分への認知度が高まることにも繋がります。落ち着いた人なのか、こだわりを持つ人なのか、作業着の着こなしによって自分を周囲に認知してもらえると言えます。

 

 

自分らしい色の組み合わせや着こなしで、自分がどういう人なのかを周囲に知ってもらうことで、より自分のスタイルに磨きがかかるでしょう。

 

2:いつも違ったコーディネートが楽しめる

上下で違う色の作業着を組み合わせて着ることで、いつも違ったコーディネートが楽しめるため、定番化しがちな作業服でもトレンドを意識したおしゃれが楽しめます。

 

現在では様々なメーカーから、スタイリッシュなデザインの作業着が多数販売されており、着回しを重視したコーディネートも楽しめるようになりました。

 

 

機能性とファッション性が両立できるのは、作業着ならではのポイントです。マンネリを打破しておしゃれを楽しむことで、仕事のモチベーションにも繋がることでしょう。

 

3:メーカーや機能など選択肢が広がる

作業着を選ぶ基準はデザインや生地感など、人によって様々ですが、上下を統一しないことによりメーカーや機能などの選択肢が広がります。

 

メーカーにより着心地や機能性、シルエットなど特徴が異なるため、好みが分かれることもありますが、選ぶアイテムや着こなしが良ければ上下違う色でも不自然にはなりません。

 

 

そのぶん選択肢の幅が広がるため、防汚性や耐久性などの機能性はキープしながらも、より自由度の高い着こなしが楽しめると言えます。

 

上下で違う色を組み合わせるときのコツ

ここからは、上下で違う色を組み合わせるときのコツを紹介していきます。上下で違う色を組み合わせるには、ハードルが高いと思われる方もいるかもしれませんが、コツを知っておくことで簡単にコーディネートを楽しむことが可能です。

 

マンネリ知らずに作業服を着こなしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

紺系と緑系は相性良し

紺系と緑系は、色相が近いので馴染みやすく、相性の良い色です。汚れが目立ちにくい色のため、作業着には最適な組み合わせと言えるでしょう。

 

また、比較的どんな色とも合わせやすい紺ですが、緑やカーキなどといった深い色と合わせることで、色のトーンにより大人っぽい印象にもカジュアルな印象にもなるため、万能な組み合わせと言えます。

 

黒×青や茶なら上品にまとまる

黒×青や茶は、クールで上品にまとまるため、大人っぽい雰囲気のコーディネートが楽しめます。黒×青は大人っぽさはもちろん、知的な印象を与えるため、モードでクリーンな仕上がりになるでしょう。

 

また、クールな黒に肌馴染みの良い茶色をあわせることにより、ほどよくソフトな印象が加わり、上品カジュアルにまとまります。親しみやすさをプラスしてくれるでしょう。

 

作業着の色が与える印象や効果7選

ここからは、作業着の色が与える印象や効果7選を紹介していきます。色によって与える印象は印象戦略と言われるほど、思っているよりも大きい要因を占めます。

 

他者にも自分にも様々な影響を与えると言われているため、ぜひ作業着を選ぶ際の参考にしてみてください。

 

1:青系

青系は爽やかで、大人っぽい誠実さを演出することが可能です。また、青色には気持ちを落ち着かせ、集中力を高める効果があります。したがって、仕事着として着用することにより、作業効率の向上を図れると言えるでしょう。

 

本来、作業着の定番と言えば青と言うほど、一般的に採用率が高い色でした。様々なデザインの作業服が販売される現在でも、世界で好まれ、好き嫌いの少ない定番色として普及しています。

 

2:緑系

緑系は自然を連想させるため、穏やかさや癒やしを与える効果があります。また、緑色は非常口のマークにも使用されているように、安心や安全を印象づける効果が期待できます。

 

緑系は暖色と寒色のどちらにも該当しない中性色と言われており、調和やバランスを意味します。柔軟な考えや協調性、親しみやすさといった印象を与えることから、周囲からの信頼を得られるでしょう。したがって、スムーズな人間関係や仕事環境に繋がると言えます。

 

3:茶系

茶系は自然に馴染み木や大地を連想させる色のため、温もりや優しさといった印象を与えます。また、その落ち着いた色合いから、謙虚で控えめといった雰囲気を演出できるでしょう。

 

アースカラーと言われ大地の壮大さをイメージさせる茶系は、揺るぎない安定感を表現し、仕事面においても相手に信頼感を与えられると言えます。その中でも近年のトレンドでは、薄い色合いのキャメルが安定の人気を誇ります。

 

4:赤系

赤系は、その鮮やかさからも言えるように、エネルギッシュで情熱的な印象を与えます。はっきりとした色合いから活発さを連想させ、ハツラツとした元気な印象や力強さを演出できるでしょう。

 

また、広告で赤色を使用すれば目を引くように、赤系の色は視覚との関係が深い色と言われています。したがって、緊張感を持って仕事に挑みたいときや活動的に行動したいときには、赤系を取り入れることをおすすめします。

 

5:灰色系

灰色系は控えめな色合いではありますが、シックな印象の中に上品さをプラスしてくれます。また、疲れや苛立ちといったストレスを和らげる効果があるため、心に余裕と落ち着きを持って仕事をしたい場面では、灰色系の作業着がおすすめです。

 

灰色系は、青系に次いで広く採用されている定番色です。色が控えめのため、気が散ることなく仕事に集中できるでしょう。

 

6:白系

作業着に白系の色を取り入れることによって、清潔感を与え、好印象を持ってもらえるでしょう。白は、清潔感のほかに責任感や誠実さを印象づける色です。したがって、仕事において気高くクリーンなイメージを印象づけたい場合は、白系を取り入れることをおすすめします。

 

また、白はまっさらな状態を表し、始まりや出発を連想させるため、フレッシュな気持ちや希望を与える効果があります。前向きな気持ちや、モチベーションが安定した状態を保てると言えるでしょう。

 

7:黒

黒ははっきりとした色合いから、強い意思や自信といったイメージを与えることが可能です。また、黒色が持つ重厚感は、安定を印象づける効果があります。凛とした雰囲気を演出することによって、諦めずに立ち向かう姿勢や精神的な強さを表現できるでしょう。

 

クールで上品なイメージを連想させることから、作業着ながらも都会的でシャープな着こなしが楽しめます。

 

上下で違う色の作業着を組み合わせてみよう

作業着は、上下で違う色を組み合わせることによって、個性とトレンドを両立させることが可能です。色によって様々な印象を与えることが可能なため、シャープな装いやエネルギッシュな装いなど、着こなし次第で幅広い装いが実現できます。

 

周囲との差別化も図れるため、ぜひこの記事を参考に、上下で違う色の作業着を組み合わせてみてください。