作業着の下に着るものは?夏や冬など季節に合わせたおすすめインナーを紹介 2021.06.16

作業着の下に着るインナー選びは重要

作業着の下に着るインナー選びは、怪我の防止につながり、インナーによって体温調節が可能になり過ごしやすい環境で作業できるなど、いくつか重要な利点があります。

 

本記事では、作業着の下に着るものはどのようなものが良いのか、夏や冬など季節に合わせたおすすめのインナーについて紹介していきます。作業着の下に着るインナー選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

作業着の下に着るインナーを選ぶ5つのメリット

では、作業着の下に着るインナーを選ぶ5つのメリットについて見ていきましょう。作業着の下に着るインナーを選ぶメリットには、体温調節がしやすくなる・普通の下着より速乾吸収性が高い・気化熱で涼しくなる・怪我の防止につながる・着回しを考えて楽しめる、などがあります。

1:体温調節がしやすくなる

作業着の下に着るインナーを選ぶメリットとして1つ目は、体温調節がしやすくなることです。インナーの場合は、アウターでは不足しがちな保温効果や、吸汗速乾効果なども見込めるため、体温調節のメリットは大きいでしょう。

 

季節や気温に適したインナーを作業着の下に着込めば、体温調節もしやすく、日々の体調管理にも生かせるでしょう。

 

2:普通の下着より速乾吸収性が高い

作業着の下に着るインナーを選ぶメリットとして2つ目は、普通の下着より速乾吸収性が高いことです。普通の下着は、素材によっても差がありますが、汗を吸収して素早く発散する機能がついていないものも多いでしょう。

 

速乾吸収性のある生地のインナーを選ぶことで、作業中の汗のべたつきや汗に関わる臭いなどを押さえてくれるでしょう。

 

3:気化熱で涼しくなる

作業着の下に着るインナーを選ぶメリットとして3つ目は、気化熱で涼しくなることです。吸水速乾のあるインナーを着用することで、汗のべたつきを押さえ、気化熱により肌表面の温度を下げる効果があります。夏の暑い時期に特に効果を発揮するでしょう。

4:怪我の防止につながる

作業着の下に着るインナーを選ぶメリットとして4つ目は、怪我の防止につながることです。作業状況によっては、作業着が破れるほどの事故もあります。

 

特に夏場の場合は薄手の作業着になるため、インナーを着用しているかで、怪我の防止、軽減につながることもあるでしょう。

 

5:着回しを考えて楽しめる

作業着の下に着るインナーを選ぶメリットとして5つ目は、着回しを考えて楽しめることです。作業着の形にもよりますが、インナーが少し見えるデザインの作業着もあるでしょう。その場合は、作業着とインナーの組み合わせを楽しむことも可能です。

 

作業着との着回しを考えて、インナーの色や素材、デザインのコーディネートを考えることで、日々の楽しみが増え、仕事に対してのモチベーションもアップするでしょう。

 

作業着の下に着るおすすめインナー3選

次は、作業着の下に着るおすすめインナー3選について紹介していきます。作業着の下に着るおすすめインナーには、夏は冷感インナー・冬は保温インナー・通年着られるコンプレッションウェア、などがあります。

1:夏は冷感インナー

作業着の下に着るおすすめインナーとして、夏は冷感インナーがおすすめです。冷感インナーは、接触冷感機能といって肌から生地に移動する熱の量があるほど生地に触れる部分に冷たさを感じます。

 

暑さのキツイ時期である夏の場合、通常の生地よりも涼しい着心地でいられるでしょう。冷感インナーの接触冷感機能により、ひんやりと快適な着心地がストレス軽減にもつながるでしょう。

 

2:冬は保温インナー

作業着の下に着るおすすめインナーとして、冬は保温インナーがおすすめです。保温インナーは、吸湿発熱性のあるアクリレート系繊維や、天然繊維の綿(コットン)やウールがおすすめです。
 
保温インナーを服の下に着るだけで、着用していると普段よりも暖かく、寒い冬を温かく乗り切れるでしょう。寒空の下や冷え切った倉庫中の作業でも保温インナーは心強い1枚になります。

3:通年着用できるコンプレッションウェア

通年着用できるコンプレッションウェアも、作業着の下に着るおすすめインナーです。コンプレッションウェアは、着用で圧をかけられるよう伸び縮みする特殊生地で開発されたものであり、本来はスポーツ用に作られました。

 

伸び縮みする特殊生地は身体の負荷を軽減し、無駄な動きを省き、力の分散を抑えてくれたりする効果があるため、最近では作業着インナーとしても人気が高まってきています。作業中負荷がかかる動きに対して、体への負担を少なくしてくれるでしょう。

 

 

コンプレッションウェアは、伸縮性から着用するとぴたっと肌に張り付くような感覚があるため夏は不向きな印象を受けるでしょう。しかし、汗を素早く吸い取り、放湿する機能がついているため、夏はべたつきにくく、冬には保温性に優れているというメリットがあります。

 

下に着るものを工夫して作業着を快適に着こなそう

作業着の下に着るものは何が良いのか、夏や冬など季節に合わせたおすすめインナーについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

本記事を参考に、インナー選びにも力を入れてみましょう。過ごしやすくなることで仕事に集中でき、作業効率も上がります。季節に応じて適したインナーを用意するか、1年通して着用できるタイプのインナーを用意して作業着を快適に着こなしましょう。