作業着洗いの洗剤は汚れに合わせると効果的!選ぶときの5つのポイントを紹介 2021.06.01

作業着の汚れが落ちにくい理由

「作業着についた汚れが落ちにくい」と感じている方は、多いのではないでしょうか。作業着は普通の衣類の汚れと違い、泥や油などの特殊で強力な汚れが多いため、落ちにくいことがあります。

 

そこで今回は、作業着の洗い方と、適した作業着洗い洗剤についてご紹介します。作業着を洗う時の注意点についても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

作業着の洗い方と適した洗剤3パターン

作業着は、汚れの種類によって洗剤を使い分けて洗うことが大事です。油汚れに強い洗剤など、洗剤ごとの特徴を理解すると、より作業着の汚れが落ちやすくなるでしょう。

 

ここでは、「油汚れ」「泥汚れ」「複合型の汚れ」の3つに分けて、洗い方やおすすめの洗剤についてご紹介します。使い方をマスターして、作業着の汚れをきれいに落としましょう。

 

1:油汚れの場合

油汚れの場合は、「アルカリ性洗剤」がおすすめです。

 

油汚れのついた作業着を洗う場合は、まず40~60度程の熱湯につけ置きをしましょう。油の種類によって温度をかえるようにしましょう。油の種類が分からなければ60度のお湯につけおきすると良いです。また、汚れがひどい箇所には、ブラシでこするとより汚れが落ちます。

 

2:泥汚れの場合

泥汚れの場合は、「固形石鹸」がおすすめです。

 

泥汚れは先に乾かし、泥や砂をできるかぎりかきだすようにしましょう。そのあと水で濡らしながら固形石鹸を汚れているところに塗ります。そして、ごしごし洗いましょう。それが終わったら通常の洗濯でもう一度洗えば、きれいに汚れが落ちるでしょう。

 

3:複合型の汚れの場合

複合型の汚れとは、草汚れなどの水溶性と油溶性が混ざったものを指します。複合型の汚れを落としたい場合は、「クレンジングオイル」がおすすめです。クレンジングオイルは化粧落としとして持っている方が多いでしょう。

 

クレンジングオイルで汚れを溶かしてからお湯で洗います。汚れがひどい場合は、クレンジングオイルで汚れを溶かした後に、「液体酸素系漂白剤」につけてみることをおすすめします。そのあとは、通常洗濯をしましょう。

 

作業着を洗う洗剤を選ぶ5つのポイント

次に、作業服洗い専用の洗剤を選ぶ際のポイントについて解説しましょう。作業着につく汚れは、普通の衣類を洗う洗剤ではなかなか汚れを落とせません。そのため、汚れに合った洗剤を選ぶことが大事です。

 

以下の5つのポイントを参考にして、作業着の汚れをきれいに落としましょう。

 

1:強力な汚れには作業着用洗剤を選ぶ

強力な汚れには、作業着の洗剤がおすすめです。最近では、作業用と記載された市販の洗剤も多くなりました。しかし、作業着洗剤だからといってすべての作業着の汚れに効くわけではありません。先述したとおり、作業着の汚れは油汚れや泥汚れなど、さまざまです。

 

作業用洗剤は、汚れの種類によって効果的に洗浄できるものが異なります。どの汚れに適しているのかを確認して、購入しましょう。

 

皮脂汚れには酸素系漂白剤がおすすめ

皮脂汚れは、酸素系漂白剤がおすすめです。よく襟元にできるシミなどが代表的な皮脂汚れですが、普通に洗濯機で洗うだけでは汚れが落とせないことが多いでしょう。

 

そこで酸素系漂白剤を塗布すると、汚れが落ちやすくなります。直接塗布したあとにぬるま湯でつけ置きするとより汚れが落ちるので、試してみる価値はあるでしょう。

 

2:液体・粉末・固形タイプから選ぶ

洗剤には、「液体タイプ」「粉末タイプ」「固形タイプ」があります。それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで、洗剤を選びましょう。

 

液体洗剤タイプは、汚れ落ちがゆるやかであり、衣類を傷めづらい点が特徴です。水にも溶けやすく何度もすすがなくていいため、節水にもつながります。ただし、粉末タイプや固形タイプに比べて洗浄力が劣ります。価格が高いことも、デメリットといえるでしょう。

 

 

粉末タイプや固形タイプの洗剤は、洗浄力に優れています。弱アルカリ性の洗剤は、酸性の汚れに強く反応するので皮脂汚れや泥汚れが落ちやすいでしょう。しかし、水に溶けにくいため、作業着に洗剤が残りやすいというデメリットもあります。

 

 

洗剤が残ってしまうと、衣類を傷めたり、肌のトラブルが起こったりする可能性があるので、しっかりすすぐようにしましょう。

 

 

このように、タイプによって洗剤の特徴は変わります。タイプ別で洗剤を選ぶのもいいでしょう。

 

3:抗菌・消臭効果の有無を確認する

作業服の洗剤に、抗菌・消臭効果が入っているかどうかも確認しましょう。「洗濯をしても汗の匂いがとれない」という経験は、あるのではないでしょうか。

 

匂いが気になると作業にも集中できなくなってしまうかもしれません。このような場合は、抗菌・消臭効果の入った洗剤を使うことがおすすめです。

 

4:肌へのやさしさを確認する

どうしても作業着などの強力な汚れの場合、洗浄力の強い洗剤を選びがちです。しかし、洗浄力の強い洗剤は、肌に刺激を与え、トラブルを招くこともあります。

 

肌にやさしい洗剤を使いたい方は、洗浄成分がせっけん成分でできたものを選ぶといいでしょう。洗濯せっけんはアルカリ性で汚れ落ちに優れており、肌だけでなく環境にもやさしい洗剤です。

 

5:洗濯機のタイプに合うものを選ぶ

洗濯機には縦型とドラム式があります。なかでもドラム式の洗濯機は、低発泡性の洗剤がおすすめです。

 

ドラム式洗濯機はもともと、洗剤が泡立ちにくい硬水のヨーロッパで普及しました。日本で人気の縦型の洗濯機は、水のなかで回転させて洗う仕組みです。対して、ドラム式洗濯機はたたき洗いによって汚れを落とす仕組みとなっています。

 

 

ドラム式洗濯機におすすめできるのは、泡立ちにくい洗剤です。泡立ちに優れた洗剤を使ってしまうと、泡が漏れたり、不具合が生じたりといったことが起こるでしょう。

 

作業着を洗う時の注意点2選

ここからは作業着を洗う時の注意点について解説していきます。今回は、「作業着単独で洗う」を始めとした2項目をピックアップしていきます。作業着を洗う時の注意点についてご興味がある方は、参考にしてください。

作業着単独で洗う

まず大事なのは、作業着は単独で洗うことです。ほかの衣類と一緒に洗ってしまうと、作業着の汚れがうつるおそれがあります。また、作業衣専用洗剤を使う場合、ほかの衣類には洗浄力が強く、傷めてしまうことも考えられるでしょう。

できるだけ前処理をする

できるだけ前処理をすることも重要な工程です。ひどく汚れた作業着を前処理せずに洗濯機に入れてしまった場合、汚れがよりしみ込んでしまう可能性もあります。

 

前処理は汚れの種類によって異なります。油汚れの場合はつけ置きをし、泥汚れの場合は乾燥させてまず泥を取り除くことが大切です。それぞれ前処理をすることで、より作業着の汚れもきれいになりますので、かならず行うようにしましょう。

 

汚れに合う洗剤を使い作業着を清潔にしよう

今回は作業着の汚れが落ちにくい理由や、汚れの種類、落とし方までご紹介しました。大切なのは、汚れに合う洗剤を使ってそれぞれ前処理を行い、作業着単独で洗うことです。おすすめの洗剤までご紹介しておりますので、ぜひこの記事を参考にして作業着を清潔に保ってください。